The Invitation To Japanese Traditional Comb Ver.2.09
  お六櫛の伝統技法 
お六櫛ができるまで
昔ながらの手作業で生み出される逸品 
木曽のお六櫛TOP このサイトについて リンク ENGLISH
櫛製造元
お六櫛とは
お六櫛の
種類と形
櫛作りの
道具
お六櫛の
伝統技法
職人列伝
サイトマップ
 7、油ひき:総仕上げ
油引き 少量の椿油を両手のひらに取り、櫛全体に擦り付ける。時間をおいて櫛に油を染み込ませる。
これにより櫛歯の通りがさらに良くなり、木肌の色と木目が美しくなる。


 8、鞘差し・包み:完成
両歯の櫛は、一方の歯にサヤ(木鞘)を差し、包装をして、商品としての「お六櫛」が完成する。
現在では布製のカバーや、口上書を添えて丈夫な紙箱などに入れられている。
包装に紙を使っていた頃は、さまざまな意匠をこらした包み紙があった。

お六櫛商品掛け紙
戻る 工程インデックスへ戻る    
(C) 2006-2010 KisomuraNet. All Rights Reserved.