The Invitation To Japanese Traditional Comb Ver.2.09
  お六櫛の伝統技法 
お六櫛ができるまで
昔ながらの手作業で生み出される逸品 
木曽のお六櫛TOP このサイトについて リンク ENGLISH
櫛製造
お六櫛とは
お六櫛の
種類と形
櫛作りの
道具
お六櫛の
伝統技法
職人列伝
サイトマップ
 6、磨き:下磨きと艶出し
木賊の木(トクサノキ)  と呼ばれる木片を縦に持ち、木賊が貼られた面で、櫛のシノギから歯先へと丹念に磨く(下磨き)。
続いて小口と耳、角の部分を磨き上げる。

艶だし

下磨きで生じた木の粉を 棕櫚 やブラシで払い落とす(棕櫚かけ)。
ボウズ貝 で櫛の表面を磨き、艶を出す(貝掛け)。
艶だし

歯挽き

現在はサンドペーパーを利用


現在はバフに研磨剤を塗り、貝掛け同様の艶を出している

index 工程インデックスへ戻る                                          NEXT 次へ
(C) 2006-2010 KisomuraNet. All Rights Reserved.