The Invitation To Japanese Traditional Comb Ver.2.09
  お六櫛の伝統技法 
お六櫛ができるまで
昔ながらの手作業で生み出される逸品 
木曽のお六櫛TOP このサイトについて リンク ENGLISH
櫛製造
お六櫛とは
お六櫛の
種類と形
櫛作りの
道具
お六櫛の
伝統技法
職人列伝
サイトマップ
 3、歯通し:櫛の歯先を擦りこみ整える
櫛木を45度傾けた状態で固定する。
右手に 歯通し を持ち、一番右の歯から先端部分の 5mm前後を押すようにして擦りこむ。
歯挽きとは反対に、右から左へと歯通しを行い、歯先を尖らせる。
櫛を回転させ、反対側の歯先、そして裏返してそれぞれの歯先と、あわせて4回行う。




歯通しは、その後の山抜き・中抜き鋸の入りをよくする作業であり、完成後の髪の毛の通りが左右される工程である。
歯通し

櫛の歯先を尖らせる


index 工程インデックスへ戻る                                          NEXT 次へ
(C) 2006-2010 KisomuraNet. All Rights Reserved.