山抜き鋸(ヤマヌキ)

表側をハビキノコで歯をつける際、櫛を斜めに挽くため、上面は歯型の筋まで挽けるが裏面に挽き残しの山が残る。この挽き残り部分を歯型の筋まで挽き込む鋸。
下はトメと呼ばれる挽き込み止めの部品がつけられたものである。
閉じる
木曽のお六櫛バナー