耳突き鉋(ミミツキ)
櫛の四隅を丸くする前に、あらかじめその角を切り落とす鉋。
主にアラシコの刃を良く切れるように研ぎ、一気にグッと突くようにして角を削る。いわば幅広い鑿の役をするものである。
この鉋の刃は櫛の表面の毛羽立ちをとるコソゲカンナとして利用される場合もある。
閉じる
木曽のお六櫛バナー