歯型(ハガタ)
鋸で櫛の歯を挽きこむ限界の線(筋)をひくための型。
側面が歯の形を印づけるため、両側にほぞを差して突起がつけられている。この突起に櫛木の歯先となる部分を掛けて筋がつけられる。
材料は主に櫛木であるミネバリやツゲなどを使う。
閉じる
木曽のお六櫛バナー