歯挽き鋸(ハビキノコ)
櫛木に櫛の歯をつけるには、まず鋸で表側を挽き、次にその裏側を挽きこんで歯挽きが完了する。この表側に初めて歯をつけるための鋸。
歯挽き鋸にはアテガイという脇鋸を添歯として取りつけて使用する。
櫛の歯を挽く際に鋸の歯が湾曲しないように、幅広の鋸歯が使われる。また梳き櫛を作るためにゼンマイを剥き削って極めて薄い歯を自作する。
櫛挽職人の命ともいえる道具である。
閉じる
木曽のお六櫛バナー