竹唐(たけとう)
竹唐
Y100 竹唐櫛      
鬼歯染竹 三寸 歯数79 

B18 赤桟竹唐櫛    
鬼歯桟染竹 三寸 歯数79 
木祖村郷土館蔵
 細竹を糸で蜜に組んだ竹の梳櫛で、歯数は一寸あたり約35本。舶載品であったため「唐櫛」、竹製であることから「竹唐櫛」ともいう。
 薮原では嘉永四年頃、おときという女性が竹の唐櫛を作っていた記録があり、明治以降も竹唐櫛職がいたが、多くは女性の手内職であった。
閉じる
木曽のお六櫛バナー